アロハオエに想う

ウクレレの奏でる音色につれて踊られるフラダンスは、平和な社会のシンボルのように思え、長い間その音楽に馴染んできました。
しかし次第にその音楽と踊りには、何かいわれがあるのではと思うようになりましたときに、先日NHKで「ハワイ神々とくらす島々」を見たときに胸うたれるものがありました。




20240227フラダンス02





ハワイの歴史は古く、ハワイの島々は火山の活動により海底から隆起して誕生したもので、人々が島々に暮らすようになったのは1500年も前のことと言われています。
そしてハワイの島々には、その長い歴史を物語る魅力的な“史跡”や“遺跡”、“博物館”が数多く点在しています。
そこには古来、自然の中に神を見いだし、神々と自然を崇拝しながら暮らしてきた人々の信仰の世界が今も息づいています。フラダンスはフラと言い、ハワイの歴史と伝統とそこに生きてきた人々の願いがこめられています。





20240227フラダンス04

20240227フラダンス03






フラは、詠唱や歌に合わせて踊るハワイ独自のダンスです。
文字を持たない古代ハワイの人々が、ハワイの物語や伝統、歴史を身体の動きで表現し、長年に渡って語り継いできた大切な文化の一つです。
言い伝えではモロカイ島とカウアイ島でフラが始まったとされており、その魅力たっぷりのフラは、米国本土、日本、そしてヨーロッパにもその人気が広がっています。





20240227フラダンス05





フラにも種類があります。
私達に最もなじみのあるのはフラ・アウアナ(現代フラ)で、西洋の影響を受けた音楽に合わせ、流れるような動きで踊られます。
一方、フラ・カヒコ(古典フラ)は、ドラマチックな詠唱と打楽器の演奏に合わせ、伝統的な衣装を身にまとい踊られます。
古典フラを見たときに、のびやかに楽しく踊るフラ とは異質な厳粛な趣に、ハワイの歴史と伝統を感じ、自然とともに生きてきたハワイの人々の神への願いを感じることができました。
ハワイ王朝最後の女王リリュウオカラニ作のアロハオエののメロデイは、ハワイの歴史と文化のシンボルとして忘れることのない曲です。




20240227フラダンス01






スポンサーサイト



90歳を迎えて

90歳という歳月、長いようで短かく感じる時間、感無量です。
1934年、慎ましいサラリーマンだった両親のもとに7人兄弟の長女として生まれました。
太平洋戦争を子どもとして過ごし、その終了とともに、3人の弟妹は戦争のために亡くなり、気がつくと7人姉弟が3人姉弟になっていました。

世の中は平和になっても、父の仕事の関係上、転勤による友達との別れのつらさを度々経験しました。
夫との見合い結婚で2人の子どもを授かり、病気がちの義母の傍ら、子育てに集中しました。
それは今では介護結婚と言えるものでしたが、幸運だったのはその家の食生活で、人生の幸運でした。
その時出会った「子ども劇場」という子どもの観劇体験を中心にした運動体に親子で加入し、私は全力をあげててエネルギーをつぎ込み、現在は孫までそこで活動しています。

その子ども劇場の活動に積極的に参加したことは、人間関係をつくる上で大いに参考になり、私の大学になりました。
また次第に馴染んでいった食事療法は、家族の健康を整え、現在の私に受け継がれ、我が家の宝となりました。

65歳で夫を病で亡くしましたが、それからは弟の友人がたのサポートでパソコンを習得し、そのことで私の人間関係は大きく広がり、現在にいたっています。
パソコンのネットについては賛否両論ありますが、見分ける目さえあれば、優れた内容も多く潜在しており、好奇心の強い私には宝の山のように思います。

そして私は90歳代をしっかりと歩み100歳に近づくことが目標になっています。





子ども達や孫達がLineで祝ってくれました。

20240222誕生日の言葉 (1)

20240222誕生日の言葉 (2)

20240222誕生日の言葉 (3)

20240222誕生日の言葉 (4)

20240222誕生日の言葉 (5)

20240222誕生日の言葉 (6)





90歳からの歩み

昨日、今日と二日間にわたって友人方の90歳の誕生祝いをうけました。
どちらも年齢は私よりはるかに若い方たちです。
身体不自由な私のために、ポットや料理ご持参の内容で、私は達磨さんのように座ったまま我が家でおもてなしを受けました。

年齢は大きく違っても気心の知れた方々ばかり、その率直なご意見は閉鎖的になりがちな私の大きな励ましになりました。
私が90年の人生を歩む道すがらお会いした方々の知恵は、今の私には最良のプレゼントで持つべきものは友ですね。

家の中に閉じこもりがちな私にとって複数の友人がたのご意見は私の視野を広げさせていただきました。
90年の生き方の中で知らず知らず身に着いたおりのような感情のあかを脱ぎ去る良いきっかけになりました。
現在の私から見た良き友人とは、確かな人生観と率直な苦言もいとはず助言してくれる人物です。

そのことを苦しい転倒怪我とその後の自宅療養の中で、つかみとりました。あの怪我はそれを私に悟らせるものだったと今は理解しています。





お弁当は「なだ万」でした。

20240216妹尾さん誕生会 (1)




20240216妹尾さん誕生会 (3)

20240216妹尾さん誕生会 (4)


私は90歳

私の通所する運動を中心とした施設では、誕生月の方には可愛い花束贈呈とハッピバースデイの歌のプレゼントがあります。
同じグループの男性のFサンと2人でプレゼントを頂きました。
私は後数日で90歳になり、この施設には10年以上通っており、私の年齢に相応し場所になっております。




20240210誕生会ブログ (1)




12時に急いで帰宅しますとTさんが私のために三味線の先生とお稽古のお仲間での会食を開いてくださいました。
テーブルにはTさんの手造りの「寿司ケーキ」をはじめ大盛り合わせのオードブル、など豪華なメニュウに、私は生まれて初めて誕生日のお祝いを実感しました。
お客様は三味線の杵屋先生に次男の妻やTさんなど三味線のお仲間の4人でしたが、私には本当に嬉しい会食でした。





手造りの「寿司ケーキ」

20240210誕生会ブログ (5)

20240210誕生会ブログ (7)

20240210誕生会ブログ (9)

20240210誕生会ブログ (11)

20240210誕生会ブログ (10)




三味線のお師匠、杵屋先生。

20240210誕生会ブログ (14)

20240210誕生会ブログ (16)

20240210誕生会ブログ (21)

20240210誕生会ブログ (23)

20240210誕生会ブログ (26)

20240210誕生会ブログ (31)

20240210誕生会ブログ (29)

20240210誕生会ブログ (32)





Tさんは私の孫たち6人の成長を見守ってくださった方ですが、現在は週末になると珍しいお菓子持参で、私を訪ねて来てくださいます。
今度は私の保母役をつとめてくださり、転倒怪我で半年、外に出れない私にはかけがえのない方になっています。
生まれてはじめての誕生会これからを生きる私にとって大きな支えとなってくださっています。
Tさんありがとうございます。

シエクスピアの作品に寄せて

私の子ども時代は戦争中ということもあって楽しみは読書だけで、戦争末期の病気休学の時は、父の蔵書を片端から読み耽りました。

その中で私の人間形成に大きな影響を与えたのはシエクスピアの作品でした。

その作品は、演劇は言うに及ばず、映画やオペラで演じられ、多くの人々が楽しんできました。
私に影響を与えたのは坪内逍遥訳のシエクスピア全集全24巻でした。





坪内逍遥訳のシエクスピア全集

20240208シェークスピア全集





作品は悲劇、喜劇をはじめ恋愛劇と幅広く、時代も古代からシエクスピアの時代までの人間活動の全体を網羅していて、飽きることがありませんでした。
代表作のハムレット、オセロー、リア王、マクベスなどの四大悲劇作をはじめ「ロミオとジュリエット」などの恋愛劇には夢中に
なって読みふけりました。




「ハムレット」

20240208ハムレット




「オセロ」

20240208オセロ




「リア王」

20240208リア王




「マクベス」

20240208マクベス




「ロミオとジュリエット」

20240208ロミオとジュリエット




シエクスピアの作品には神話や伝説、フアンタジーと数々の波乱万丈の物語がちりばめてあり、子どもの夢を育む宝庫でした。
坪内逍遥の訳でしたので小学生には難しかったのですが、漢字にルビがふってあったのと、ふんだんな挿絵のお蔭でなんとか読みとおしました。

20世紀に入るとシエクスピアの作品は次々と映画化されて、代表作の「ハムレット」などは、米、英、ソ連の3国で競うように作られ、その他オペラ化やバレエ化されて楽しさがましました。
イギリスの「ハムレット」は、主演のローレンス・オリビエをはじめ、数々のアカデミー賞に輝きました。




ローレンス・オリビエの「ハムレット」

20240208ハムレット02




私がシエクスピアの作品に惹かれたのはその物語で語られる台詞でした。
さりげなく語られる言葉に感銘を受けることは多く、日々の暮しの中の灯台のように思えるときがあり、たった1つのセリフが幸せを呼び込む力になるように思いました。
昨日の新聞の夕刊にも「マクベス」の舞台化のニュースがあり、現代に生きるシエクスピア作品の魅力を感じました。

戦争中疎開した場所で、まわりに溶け込めずにいた孤独な一少女が、シエクスピアの作品に出会えたことは、人生の幸運でした。




sidetitleプロフィールsidetitle

nvuedi93pz1y

Author:nvuedi93pz1y
86歳でこのブログを始めようと思いました。その希望を持たせてくれた息子たちやその妻の献身に感謝して、老いの坂道をゆっくり歩きたいと思っています。
高齢のためコメントに即レスできませんのでご了解ください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2掲示板sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR